HOME > ビオルセイ通信 > 食べないダイエット

ビオルセイ通信

< 深部加温とは・・・  |  一覧へ戻る  |  痩身と整体がなぜ必要なのか? >

食べないダイエット

食べないダイエットを続けると、体の機能が弱り、もともと弱かった代謝がさらに鈍化します。
たとえば、水分代謝が弱ると体に異様な浮腫みが発生します。

例えば腎臓。ここが弱れば、水分が体外に排出されにくくなり、体が水分でむくみます。

肝臓がやられれば、たんぱく質の分解が鈍化して、それが原因で体が浮腫んできます。

心臓が弱れば、血液を体に回すパワー不足となり、下半身に水分がたまってきます。

似た様なことが、筋肉の力の低下によっても起こります。

足の筋肉が弱れば、足の血液が上に戻りにくくなり、下半身がむくむでしょう。

甲状腺が弱れば、低体温、低血圧、浮腫みなどが症状としてあらわれます。

食べなければ痩せるのは当然です。でも単純に考えると、腎臓、肝臓、心臓、筋肉、甲状腺が「痩せて」いっているのです。

これらはあなたを痩せさせるために重要な内臓です。それをだんだん弱めている。
そこを分かっていないと、食べないダイエットは痩せたいあなたにとって、後々、信じられないような悲劇を運んでくる可能性が高いです。

ビオルセイでは~代謝を上げて、健康的に綺麗に痩せる~そこを目指して頑張っております (^-^)

 
-------------------
Biorusei
0946-21-5535
--------------------

< 深部加温とは・・・  |  一覧へ戻る  |  痩身と整体がなぜ必要なのか? >

このページのトップへ