HOME > ビオルセイ通信 > アーカイブ > 2016年12月

ビオルセイ通信 2016年12月

喘息とは?

おはようございます。一心堂前田です。 最近小さなお子様をお持ちのおかーさんから良く相談される機会が増えてきている喘息ですが、どのような対象していますか? 病院で薬を貰い、発作が起きれば吸入、またプールといった所でしょううか? 喘息とは気道がアレルギー炎症によって敏感になりけいれんを起こして狭くなることで起きます。 気道の粘膜には好酸球やリンパ球を中心とした細胞が集まり発作が収まっている時でも炎症が起こっています。 空気の通り道が狭くなる気道閉寒が起こりやすい状態がつずいています。 私がゆうのは一番つらいののは本人であり、しかし発作が頻繁に出たら家族も大変だし心配します。 プールもよし、薬も使用する時は使用しないとダメだと思いますが、薬はステロイド剤などを用いられる事も少なくないと思います。 治療に時間がかかればかかるほどステロイド剤耐性ができいつまでもステロイドから離脱する事が出来なくなると思います. これは個人的な意見で薬が悪いと言ってるわけではありません。 私がお勧めしているのは水素です、飲む水素またお風呂に水素を出す機械もあります。飲んで、皮膚から吸収させる こと、飲むだけでは体の隅々までいきわたらないからです、水素はアンチエイジング作用が有名かと思いますがアレルギー対策ともなりますので喘息のような アレルゲン要因の小児喘息などを改善させる作用も期待ができます。又美容、冷えなど様々な効果が期待できますので家族が元気になれると思います! でも費用がかることですからね。しかし健康には変えられません。 当院でも取り扱い致しております。詳しく聞きたいかたはお問い合わせください。

1

« 2016年11月 | メインページ | アーカイブ | 2017年1月 »

このページのトップへ