HOME > ビオルセイ通信 > アーカイブ > 2016年7月

ビオルセイ通信 2016年7月

ばね指の原因

皆さんこんにちは、一心堂の前田です。
今回は、ばね指です皆さんの中にはお困りの方がいらっしゃるかもしれませんね!病院で手術したかたも沢山いらしゃると思います。
では原因は?詳しく聞いた方は少ないと思いますが、それは簡単に言えば筋肉と腱の問題です、筋肉から腱につながっていますが、この間に老廃物が溜まり
炎症が起こります、この老廃物をとり、筋肉を柔らかくすれば良いといゆうことです。このような施術を当院では行っております。
お困りの方はお気軽にお問い合わせください。

夏太り!!

夏になるとかえって太ってしまうという話、ご存じですか?
「夏太り」を起こす5つの原因をご紹介します。

■1.夏は基礎代謝量が低下する
意外かもしれませんが、外気との温度差が少ない夏は、身体を36度の平熱に保つのに必要なエネルギー、つまり基礎代謝が低くなりがちです。さらには、暑くて体を動かすのが億劫になってしまうことも一因といえます。

■2.水分の摂りすぎによる「むくみ」
エアコンの効いた涼しいオフィスにいるのに、ついつい「暑いから」と過剰に水分を摂ってしまいがちな夏。汗をかくと、電解質が失われて塩分が必要となり、塩辛いものが食べたくなったりします。あまりに濃い味のものを食べるとむくんでしまいますのでご注意ください。ちなみに糖分の多いジュースやアイス、糖質だけの麺類も、むくみを悪化させてしまいます。

■3.「食べなきゃダメ!」という思い込み
現代の夏の体の不調は、どちらかというと涼しい室内と暑い外を行き来することによるケースが多いのですが、「暑いから体がもたないし、いっぱい食べなきゃ……」とつい食べすぎることも。夏太りしやすい人は、かえって夏に脂っこいものを食べたくなる傾向があるようですのでご注意を。

■4.冷たいものは油分も甘味も感じにくい
冷たいものを食べたとき、油分も甘味も感じにくくなります。たとえば、夏の定番である冷やし中華やビシソワーズなどは意外と油分が多く、カロリーが高いのです。冷やし中華のスープは残すといった、ちょっとした気づきを実践することは大事です。また、アイス、プリンなどは甘いうえに歯ごたえがなく、ついつい食べすぎてしまうので要注意。水分補給のためのスポーツ飲料も、飲みすぎるとかなりのカロリーを摂取してしまうことになるので気をつけてくださいね。

■5.夏休みモードで気が緩む
夏は海水浴や山登り、花火大会など楽しい行事がありますが、その分生活のリズムも乱れがち。さらに職場も何となく夏休みモードで気が緩み、つい間食してしまったり、夜遅いお食事や夜更かしなどが多くなります。生活のリズムが乱れると、脂肪が蓄積されやすく、太りやすい体質になってしまうので注意が必要です。


文・山田 恵子(All About 肥満・メタボリックシンドローム)引用


bioruseiで使用している【インキュアティバープロ】で代謝を上げてみませんか?まずは体感!
初回のみ限定~3,000円でお試しできます(^-^)


biorusei   今泉



四十肩五十肩原因は?

一心堂の前田です。
四十肩五十肩で困っている方がたくさんいらっしゃると思います。当院にもたくさんの方がいらしてますが皆さんどうしてなるのか解らないですよね!
どうしてなるのか!どのような状態なのか?これ理解したら対象出来ます。そもそも四十肩五十肩は肩関節周囲炎とも言われています、関節周囲の軟部組織の老化と慢性外傷が関係しています。これにより痛みと運動障害が出てきます、洋服を脱いだり、手を後ろに回したり、色々な動作をした時に痛みがでます。
ほとんどの人は痛いから動かしたくない、気持ちはわかりますが動かさないと関節がこわばり動かなくなり、益々痛みがとれなく時間がかかりますよ!
痛くても動かすことをしてください。当院の患者様には色々なやり方指導を行っております。また石化している場合などもありますのでご心配の方は病院に行かれて下さい。整形外科ですよ!接骨院じゃないですよ!それで以上がなければほかの施術を受けられても良いと思います。

冷え性を調べていくと・・・

こんにちは! Biorusei今泉です。


冷え症を調べていくと、よく体を冷やす食べ物とか暖める食べ物といったことを聞きますが分類してみるとどうなっているのでしょうか。
東洋医学では、陽:温熱性、陰:寒涼性、平:平性に分けられます。

陽:体を温める食べ物

米、もち米、イワシ、エビ、牛肉、鶏肉、羊肉、カブ、カボチャ、ショウガ、ニラ、ニンニク、
ネギ、シソ、パセリ、サツマイモ、アンズ、トウガラシ、酢、味噌、胡椒、シナモン、ナツメグ、クルミ

陰:体を冷やす食べ物

大麦、小麦粉、豆腐、アサリ、ウニ、カニ、カキ、サケ、昆布、ノリ、ヒジキ、アスパラガス、キュウリ
、ゴボウ、セロリ、ダイコン、トマト、ナス、柿、スイカ、梨、バナナ、ミカン、白砂糖

平:どちらでもない真ん中の食べ物

トウモロコシ、小豆、大豆、牛乳、鶏卵、イカ、白身魚、ホタテ、タコ、ウナギ、豚肉、キャベツ、
チンゲンサイ、ブロッコリー、シュンギク、ミツバ、モヤシ、レンコン、リンゴ、ブドウ、ウメ、ビワ

   参考:東京ガスHP(http://home.tokyo-gas.co.jp/)

ここで注意しなくてはいけないのが、陽の食べ物ばかりを食べることがいい訳ではありません。

バランスの良い食事が大切ですのでエネルギーになるタンパク質をしっかり取り、
野菜は生で食べるより、温めて食べることが大切です。
また、よく噛んで食べることも口の中で食べ物が温まり、冷え性予防に有効です。
陰の食べ物を食べるときは、煮る、ゆでる、蒸す、いためる、煎る、揚げるなど調理することで、冷えないようにでき冷え性改善ができます。
冷たい飲み物も体を冷やしますので、井戸水の温度の14−15度ほど飲みましょう。(氷は入れないのがいいです)
熱いものも体に悪いのでできれば、体温程度での食事を心がけたいものです。

ビタミンEが不足するとしみができたり、血行が悪くなって、冷え性、肩こり、頭痛、しもやけなどの原因になります。

ダイエットを始める前に、まずは食生活の見直しをしてみませんか?
 
 

骨粗鬆症

こんにちは、一心堂の前田です。
この病名を耳によくすると思いますがどうされてますか?原因をわかってますか?骨は絶えず新しく作られていますが、バランスの乱れにより脆くなります。
皆さんは薬を飲んでいると思いますが、それだけでは十分とは言えない事知ってますか?そもそもは、ビタミンDとカルシューム不足それに運動不足が原因ですが、誰でも年はとります、運動もしたくないですよね。だから薬を飲むだから大丈夫!そう思ってますよね?でしたらその中に日向ぼっこでもいいですから太陽の光を浴びて下さい、違うと思います、太陽の光は紫外線が強い日焼けする、皮膚癌になるから現代人は避けますが太陽の光には良いところが沢山あります。植物、動物、人間、太陽の光なしでは生活は出来ません!長寿は日光です、沖縄はどうですか?長寿です我々よりも日光に当たる時間も多いです。
例えば血圧とか水虫の方足の裏だけ日光に当ててみて下さい、変化が現れると思います、それをつ透けてみて下さい。

bioruseiについて!!

おはようございます!!一心堂の前田です。
今日はビオルセイについてお話します、皆さんはエステサロンに行った事があると思いますがどう思いましたか?それぞれ感じかたが違うと思いますが、
気持ちいい人、そうでもない人、金額が高いと思った人。様々な考えをお持ちと思います。私が最近思った事は自分の身体の事を理解していない人が多い事です。何故なら、太った原因は?自分の基礎体温は?これさえも解らない方が多いですね、ほんの少し自分の身体の事を理解し行動をすると違いが見えてきますよ、例えば便秘に苦しんでいる方!これは痩せるのに一番の天敵ですね、何故便秘になるのか?病院で薬を貰い飲んでません?その時に原因を詳しく
説明してくれましたか?対外は便秘ですね!薬出し時ますね、しばらく様子をみましょう、だいたいはこんな対応ですよね?でも何の改善もなされていない!
身体の中から変える事が出来ないとダメだとゆうことです。代謝を上げる、そのことで腸の働きなどが高まり便秘解消体温も上がり色々な面で改善されます。
後低体温の方が多いです、自分で低体温とわかっているのに重く考えていない、女性の方は婦人科系の病気にかかりやすく、癌のリスクも上がり、不妊症の原因にもなります。当院にも低体温で不妊症の治療を行っていた患者さんが来院されましたが、見事に妊娠、出産されました。どれだけ体内の温度を上げる事が大事な事か良くわかりました。色々と書きましたが、自分の身体の事を知って下さい、そこから始まります!体重が落ちるのが痩身ではなく、健康な身体を手に入れる。後から体重も付いてきます。ビオルセイでは痩身ではなく、整体の施術の一環としてビオルセイを利用されている、患者さんもいらっさいますが、知らず知らずのうちに体重が落ちた、こんな声も耳にします。是非試してみてはいかがですか?ご自身の症状などで聞きたいことございましたらお問い合わせください!ビオルセイは整体の知識、食の知識、又痩身の知識もあります、機械もそれぞれの役割を持ったものしか導入しておりません。意味がないものは必要ないと思います。体験もありますのでお気軽にお問い合わせください。



便秘になると・・・


ビオルセイ 今泉です。

便秘が解消できていない場合、腸の中の排出物が停滞した状態が長く続いてしまうと老廃物が腐敗して有害なガスを発生します。
ガスの一部は、腸の壁から血流に乗って全身の細胞へ送られ色々な病気へとつながっていきます。

それが頭痛、肩こり、肌荒れなど 、体の免疫力を弱めてしまうことに影響することがあります。
もし、あなたが便秘であり頭痛や肩こりに悩んでいるとしたら原因のひとつになっている可能性があります。

薬に頼りすぎていると副作用が出てきてしまうこともあります。
センナなどの刺激性下剤は常用していると大腸メラノーシスの引き金になってしまう場合があります。
(大腸メラノーシスは、色素沈着を起こし大腸の働きを悪化させていくものです)
 
まずは腸内環境を見直して便秘で低下している免疫を上げてから、ダイエットを始めてみませんか?
 
ビオルセイでは、《インキュアティバープロ》ラジオ波(高周波)と呼ばれる機器を使い

免疫・代謝等を上げて痩せやすい身体へ導いていきます。


まずは体感~してみませんか?




慢性痛

一心堂の前田です。今日は慢性痛のお話です、慢性痛が発生する原因を皆さんはご存知ですか? 皆さんは、この慢性痛に悩まされていませんか、当店に来られているかたの50パーセント以上が慢性痛です。 いつも痛みが出ているとイライラしたり気分まで落ち込んできますよね。 こんな慢性痛を改善されれば日々の暮らし方が変わると思います、そんなお手伝いをさせていただいております。 慢性痛が発生する原因! 1筋肉の緊張が血管を圧迫、血液の流れを妨げる。2血管を拡げるためにブラジキニンとゆう物質が分泌されているので神経を興奮させるので痛みコリがでてきます。 筋肉の緊張をとることで物質を止めることができれば痛みは改善をしていきます。 痛む箇所により筋肉の緊張を取ることが重要な事になります。

1

« 2016年6月 | メインページ | アーカイブ | 2016年8月 »

このページのトップへ